エンゲージリングは結婚後もつけられる!

結婚とエンゲージリング

様々な結婚式のスタイルがある今日では、エンゲージリングの意味合いも以前とは随分と変わってきています。昔は、給料の3か月分というフレーズに代表される、高価な指輪を贈るのが当然の行為であり一般的でした。高い指輪を贈ることは、一種にステイタスだったのです。
しかし、最近では「高い指輪を貰っても、使う機会がないからもったいない」又は、「経済的に高いエンゲージリングを準備する余裕がない」などの理由から、エンゲージリングそのものを購入しないカップルも珍しくありません。そのような風潮は、ブランドにとっても非常にマイナスです。なぜならば、金額の幅はあるものの、エンゲージリングが購入単価の高い商品には違いないからです。

身近なエンゲージリング

その為、もちろん高価なエンゲージリングも未だに存在はしていますが、最近人気のエンゲージリングは、もっと身近に使えるエンゲージリングです。
ダイヤモンドを一粒あしらったデザインが多いのは昔と変わりませんが、セッティングを低くして引っ掛かりにくいデザインにしたり、大きさよりも輝きや質の重視して、小さい石をシンプルにあしらったデザインなどが人気です。また、結婚指輪と重ね付けできるデザインのものも、最近では非常に多いです。
冠婚葬祭や、洒落たレストランでの同窓会や女子会、子供の入学式や卒業式など、ちょっとしたフォーマルな場所に、嫌みなくつけられるデザインのエンゲージリングが多くなってきています。
価格も10万円前後からあり、比較的購入しやすいものもある為、予算や用途に応じて、好みのエンゲージリングを無理なく選ぶことが出来ます。